スタッフブログ 親鸞聖人

知らないと人生損する!「南無阿弥陀仏」の本当の意味とは

 
888366a5199bc242c16df57adb0fab2d_s

2016/12/13

こんにちは(^^) チューリップ企画コールスタッフのみやこです。

最近、スマートフォンの契約を大手から、格安の会社に変更したのですが、あまりの安さに驚きました。

知識があるかないかで、毎月の出費が何千円も変わってくるのですね(><)

無知ほど恐ろしいものはないかもしれないな、と思うこの頃です。

ところで今回は、皆さん関心の高い「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」の意味について、私なりに迫ってみたいと思います!

 

南無阿弥陀仏って?

「南無阿弥陀仏」と聞いて皆さんは、何を思い浮かべるでしょう。

 

「宗教で使われるおまじないのようなものでしょ?」

「浄土真宗といえば南無阿弥陀仏ですよね?」

「お墓に書かれてあったなぁ」

「親や祖父母が熱心に称えていたような……」

 

などなど。

あてはまるものはありましたか?あまり馴染みのない人もあるかもしれませんね。

葬式や法事に参列し「そういえば、南無阿弥陀仏って何だろう?」と初めて疑問に思ったという声も耳にします。

「南無阿弥陀仏」について、一般的には次のような理解をされている方が多いようです。

 

・亡くなった方の供養のため

・念仏を称えていたら、死んだら極楽に往ける

・厄除けや魔除けの為のまじない言葉

・なんだかよく分からないけど、とにかく称えていれば悪いようにはならないだろう

 

私も同じように思っていたという方も、おられるかもしれませんね。

いずれにしろ、それぞれに解釈が異なり、「南無阿弥陀仏」の本当の意味はあまり知られていないようです

購読者の中にも、「南無阿弥陀仏」の意味が分からないと悩んでいる方がおられます。

南無阿弥陀仏の意味 いまさら聞けない

お寺での役も長く、いまさら住職に「南無阿弥陀仏とはなんですか」など、聞けないでいます

また、門徒の皆さんにも相談されることが多く、仏事や法事のことで悩んでいる人は多いです。

(福岡県・73歳男性)

南無阿弥陀仏を抜きにして浄土真宗の教えは分かりませんから、この方が悩まれるのも当然のことだと思いました。

 

南無阿弥陀仏の意味って誤解されてるの?

「南無阿弥陀仏」の解釈でとくに多いのが「念仏(南無阿弥陀仏)さえ称えていれば、死ねば極楽浄土へ往ける」というものでしょう。

私の使っていた歴史の教科書にも「念仏を称えれば救われると説いたのが親鸞」と書かれてあり、先生が「念仏称えれば極楽へ往けるそうな。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と称えはじめた時には、小学生ながら驚いたものです。

これについて親鸞聖人(しんらんしょうにん)は「まったくの誤解である」と仰っています。

これは昔から誤解する人の多い、たいへん根深い問題で、その誤りを正されたのが親鸞聖人であり、蓮如上人(れんにょしょうにん)なのです。

親鸞聖人の教えを、私見を交えずにそのまま伝えられた室町時代の蓮如上人は、ご門徒にあてたお手紙の中で、その誤りを何度も正しておられます。

その一つがこちらです。

ただ口にだにも南無阿弥陀仏と称うれば助かるように皆人の思えり。

それは覚束(おぼつか)なきことなり。(『御文章』)

私も何も知らないままであれば「念仏を称えれば助かるのかぁ!」と早合点したことでしょう……。

 

“知らない”ってこわいですね

先にも述べたスマートフォンの件ですが、無知って恐ろしいものですね。本当に実感しました。

月の半ばにスマートフォンの調子が悪くなり、この機会に格安の会社へ乗り換えることにしました。

解約手続きを携帯電話会社に申し出たところ「お客様のプランだと今月分の携帯代金も請求され、二重払いになりますがいいですか?」と。

代金の締め日は、てっきり月末だと思い込んでいたのですが、20日締めだったようで、時すでに遅し……使いもしない携帯代金を払うことになってしまったのです(T_T)

その額も7500円とけっこうな金額。

ショックのあまり数秒間、思考が停止してしまいました。

そして、どうしてもっと早く契約内容を調べなかったのかという後悔の念

少しの知識の差で結果が大きく変わってしまうのだと知らされ、無知であってはいけないのだと、教訓になりました。

生きる意味を教えた仏法のことはなおさらで、「南無阿弥陀仏」の本当の意味を知らずにいることは、大変もったいないこと、損失だといわれるのです。

 

「南無阿弥陀仏」の正しい意味を知るには?

『とどろき』を購読される方のなかには、「南無阿弥陀仏」の意味が知りたいという方が多くおられ、読むうちにその正しい意味が少しずつ分かってきたとの喜びを語られる方もいらっしゃいます。

お念仏の意味が少しずつ分かってきました

母からは「南無阿弥陀仏」だけしか教えられませんでした。それも、お念仏さえ称えていたら浄土へ往けると思っておりました。何も知らない私は、娘にもその通りのことしか教えていませんでした。

『とどろき』のおかげで、そのお念仏の誤解も少しずつ解けてきたように思えます。

知らないということは、大変な間違いを起こすことになりかねない今からでも遅くないと勉強する毎日です

(東京都・85歳女性)

生きているうちに、気づくことができてよかったですね。

もうお一人、ご紹介しましょう。

「南無阿弥陀仏」を称えるだけでは、仏になれない

私には祖母がいまして、3才の頃からよくお寺に参りました。

祖母は「南無阿弥陀仏を七言申せば仏になる」と言っていました。祖母と朝な夕な仏壇の前で七返称えていました。

『とどろき』を読んで、念仏を申すのはお礼であること、信心決定(しんじんけつじょう)しなければ、極楽に往って仏に生まれられない、ということを知りました

『とどろき』は命のある限り購読しようと思っています。読み易く、理解しやすいです。

(北海道・93歳女性)

 

極楽に往って仏に生まれるには、信心一つ。これが親鸞聖人の教えです。

 

今回の記事では、「南無阿弥陀仏」の本当の意味を知ることが、いかに大切か皆さんに知っていただく機会になればと思って書きましたので、「南無阿弥陀仏」の深い意味までは、踏み込んでお話しすることができませんでした。

また、南無阿弥陀仏を称えてはならないとか、称えなくても良いのだ、ということでは全くありません。ぜひ『とどろき』を読んで、「南無阿弥陀仏」の本当の意味をはっきりと知っていただきたいと思います(^^)

 

より深く知りたいという方は、チューリップ企画が運営する「1からわかる親鸞聖人と浄土真宗」の次の記事をお読みください。

リンク先「南無阿弥陀仏」の念仏にはどんな意味があるのですか?

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

それでは、また(*^-゚)ノ

-スタッフブログ, 親鸞聖人

この記事を書いたスタッフ
みやこ
「人と交流する仕事がやってみたい」「幼い頃から親しんでいた仏教を仕事にしてみたい」とチューリップ企画へ転職することになりました。今は毎日が出会いの連続で、人生勉強をしながら楽しく仕事をしています。日々のちょっとした気付きや、小さな幸せを皆さんへおすそ分けしていきたいと思っています。