スタッフブログ メディア

「明日やる」が口癖のあなたへ 「明日はない」という言葉が教えてくれること

 
カレンダー2

2017/08/29

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

チューリップ企画スタッフのわかです。

大好きな祖母のために

現在放送中の「過保護のカホコ」というドラマは、今まで両親の愛情を一身に受けてきたいわゆる「箱入り娘」のカホコを主人公に、家族や親戚との関係を描いています。

カホコのお母さんは三姉妹の長女で、姉妹は仲が良く、それぞれの家族を連れてよく実家に集まっては、皆で食事をしたりしていました。

カホコはその時間が大好きでした。

そんな折、カホコは、いつも温かく家族のことを見守ってくれている母方の祖母が、実は重い病気を抱えていて、いつ死んでもおかしくない状況にあることを知ってしまいます

皆には自分で言うから、まだ黙っておいて。

複雑な思いを抱えながらも、祖母の頼みに頷くしかないカホコ。

余命いくばくもない祖母に、少しでも幸せな時間を過ごしてほしい。

そんな思いから、家族そろっての食事会をしようと、皆に声をかけて回りますが、今まで陰に隠れていた家族の問題が次々と発覚し、思うようにいきません。

「明日やるよ」が示すもの

そんな中、父方の家族にも問題が起こります。

お父さんの妹は、起業するも、事業がうまくいかずに失敗。多額の借金を抱えてしまいます。それで両親にすがりつくのですが、両親もどうすることもできずに問題を先延ばしにするばかり。

特に「明日やるよ」が口癖の祖父は、いつまでも問題に取り組む様子がなく、寝てばかりいます。

妹にまた問題が起きた、との祖母からの知らせを聞いて、駆けつけてきたお父さんとカホコ。

妹は自分で何とかすると言いつつも、両親に頼るのは目に見えている。

「どうするんだよ」と投げかけてみても、返ってくるのはやはり「明日やるよ」との言葉。

ため息をつくお父さんの横で、カホコは、もう余命わずかな母方の祖母のことを考えていました。

そして、祖父に訴えかけます。

明日がこない人だっているんだよ。もう聞きたくない、おじいちゃんの『明日』は

先延ばしの心に喝を入れる言葉

私たちも、何か問題を前にした時、「後でやろう」「明日やろう」と先延ばしにする心が出てきます。

明日になったら気持ちも切り替わって、やる気が出てくるだろうと思うのですね。

しかし、実際には前日と何も変わらず、「明日になったら」と再び先延ばしにしてしまうのです。

この「明日やろう」という言葉、実は「一生やらない」という事実の裏返しなのではないでしょうか

人生とは「今日」の連続です。

今日から見た「明日」は、明日になったら「今日」になります。

いつもやってくるのは「今日」で、「明日」というのは、実は一生やってこない日なのです。

だから、本当に取り組むべきことは、今日やらなければいけない、ということです

しかし、私たちの頭の中にあるのは「これから先、まだまだ時間はある」という思いです。

取り組む時間はあるから、今すぐやらなくてもどうにかなると思って、どんどん先延ばしにしてしまうのですね。

そんな怠惰な心に喝を入れるのが、「明日はない」という言葉です

当たり前ではない「明日」

いつ死んでもおかしくないのは、病気にかかった人だけのことでしょうか。

私たちの耳には、日々、事件や事故で亡くなるたくさんの人の情報が入ってきます。

そういう事件や事故に巻き込まれた人たちは、自分がそんなことになるとは露ほども思わず、「明日がある」と信じていたはずです。

その点、私たちと何も変わらないのです。

「今日で最期」という日は、誰にでも必ずやってくるのですが、それは決してずっと先のことではありません。

日々のニュースは、いつ何が起きるか分からない世の中で、「明日がある」ことが決して当たり前ではないことを教えてくれます

今日自分の身にもしものことがあったら、明日はやってこないかもしれないのです。

「明日はない」の思いが「今日」を大事にする

アップル社の元CEO故スティーブ・ジョブズさんは、「今日が最期の日だったら」と毎朝自分に問い続けたと言っています。

もし、今日が最期の日だったら何をして過ごすべきか。

それを考えてきたからこそ、1日1日を無駄にすることなく、大事業を起こすことができたのですね。

浄土真宗を全国に弘められた蓮如上人は「仏法には明日ということあるまじき」と言われています。

明日もあると思えば、仏教は真剣に聞けません。

だから、明日はないと思って、今日真剣に聞きなさいよ、と教えられたのです。

「明日はない」という言葉は、「今日」という日の有難さに気づかせてくれる言葉です

ありふれた何気ない1日は、本当はかけがえのない、大事な1日であることを知れば、時間の使い方を真剣に考えられるのではないでしょうか。

それでは、また(^^)/

-スタッフブログ, メディア

この記事を書いたスタッフ
わか
チューリップ企画コールセンターのわかと申します。 静岡の温暖な気候の中で育ったせいか、のんびりと構えていることが多く、周囲からはよく「いつも安定しているね」と言われます。 日常の様々な出来事を物語化することが好きです。 学生時代、家ではほとんどの時間を机の前で過ごし、ノートに散文を書きためる日々を過ごしていました。 そんな小さい頃からの癖で、日常の出来事を無意識に観察していることがあり、見ているうちに周囲の人間関係も客観的に把握することができるようになりました。 今まで見てきた人間関係、自分自身の悩んだ経験や、日々の電話応対の中でのお客様の声などを通して、皆様の悩みに寄り添える記事を書いていきたいと思います!